×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



W-tap


インドアフィールドW-tapを何とか攻略してみようという企画です

2013/6、通称「小部屋」「ロッカー部屋」と呼ばれた小スペースエリアは
シューティングレンジになりました。(フィールドとしては狭くなりました)
それに伴い、フィールドレイアウトを改装予定(2013/9中旬)です。
当サイトで公開中のフィールドマップも旧レイアウトのものであったり
未実装のレイアウトだったりしますのでご注意下さい。



フィールドビュー

旧フィールドマップ
1cm=1ピクセルです。

新フィールドマップ



Google Trimble SketchUpでフィールドレイアウトの一部を3Dモデル化してます。 SketchUpサイトの「3Dモデルの検索」にてW-tapで検索すると3Dモデルデータをダウンロードすることができます。 ダウンロードしたモデルは無料版のSketchUp8でぐりぐり色んな角度から見ることができますので、抜きポイントなどの研究にドゾー。

※データは共有として公開はしていますが、著作権等は放棄していません。2次配布などはアウチです。 但しダウンロードしたモデルデータの加工、また加工したモデルデータのアップロードは規制していません。 (2次元で例えると、公開してるPVをRに焼いて配布したり つべにうpするのはダメで、薄い本を描いて売るのはおk、こんな感じです)



スモークハザード

コンサート会場等で使用するフォグマシーンで
フィールドをモクモク状態にしてゲームします


気付いた点


裸眼による視界
 煙が濃い時は視界1mを切る
 ゴーグルが曇ってきたのかと錯覚を起こす

装備−LEDフラッシュライト
 配光がくっきり見えるのでライトマニアにオススメ
 煙が濃い時は乱反射が酷いため使い物にならない

装備−キセノンライト
 LEDよりはマシ、的になるだけ

装備−レーザーサイト
 ゲーム開始前に照射して萌ぇぇするだけのアイテム

装備−BB弾
 押入れに眠っている不良BB弾を使うチャンス
 ん?精密弾?見えないのにどこ狙うの?って感じ

装備−蓄光BB弾
 使用リスクは夜戦時と同じ、撃ち返される

装備−服装
 黒系が無難、雪上向けのスノーカモなど白系はNG

戦略−射撃
 その射撃音を頼りに相手側が撃ち込んでくる

戦略−乱れ撃ち
 敵も死ぬが味方も死ぬ

戦略−待ち
 常連に回り込まれるだけ。
 中央付近で「痛い痛い」言いながらゲームした方が楽しい

戦略−移動
 黒装束なら壁に沿って移動、見事に消える
 照明を背にすると相手側からそのシルエットがハッキリ見える

戦略−照明
 フィールドの電気を消した場合
 窓から入ってきた光や補助灯の明かりがいい感じに
 乱反射して意外とよく見える
 スモークを楽しむなら照明は常時点灯の方がよい


後半マジメに書いちゃったw








「サバゲか何か」TOPへ